大阪府堺市の犬・猫動物病院|ルーチェ動物病院

〒590-0132 大阪府堺市南区原山台5-13-3

ルーチェ動物病院
アクセスよくあるご質問072-350-8778

循環器

心臓病のお話

獣医療の進歩に伴って、さまざまな病気に対する治療や予防が見つかり、高齢まで元気に暮らせる子達が増えました。その結果、加齢とともに増加する病気で来院される患者様が増えています。

 ワンちゃんで多く見られる心臓病、「僧帽弁閉鎖不全症」もその中の一つです。
心臓の中にある僧帽弁が変性し、閉じにくくなることで、血液の流れに異常が生じます。下記の症状が見られるだけでなく、不整脈による突然死や、進行すると肺水腫を引き起こし生命を脅かす可能性のある怖い病気です。


循環器

当院では心臓病の検査として主に
以下の検査を実施しています。

身体検査

すべての検査に先立つ検査です。聴診はもちろん、触診からも得られる情報は多くあります。

レントゲン検査

進行した心臓病では心臓の大きさが大きくなります。
レントゲン検査では心臓の大きさの測定を行い、進行の程度を評価することが可能です。また気管、肺など周囲の臓器との関係を確認します。

超音波検査

超音波検査では心臓内の状態をリアルタイムで観察することが可能です。
心臓内の異常部位ならびに血流異常の確認や、心臓病の進行の程度を確認するために用います。

血圧測定

心臓病では血圧が上昇する傾向があります。また高血圧によって心臓は負担を受けます。高血圧を改善することで、心臓にかかる負担を軽減します。

心電図検査

心臓病で見られる不整脈は目では確認することはできませんが、心電図を用いることで、検出することが可能です。また心電図から心臓の状態を評価することも可能です。
レントゲン写真
レントゲン写真
エコー写真
エコー写真
心電図装置
心電図装置

ルーチェ動物病院
〒590-0132 大阪府堺市南区原山台5-13-3
TEL/FAX:072-350-2778
月・火・水・金・土
日・祝
定休日
9:00-12:00 16:00-19:30
9:00-12:00
木曜日と日・祝の午後
フェイスブック

フェイスブック

Copyrights © ルーチェ動物病院 All Rights Reserved.禁無断複製、無断転載